外来診療科目について

あなたのカラダを守る やさしいサポート

検査内容、病状、治療方針など、わかりやすい説明と気軽に質問して頂ける雰囲気作りに心掛けています。

  • 婦人科
  • がん検診
  • 女性
  • 女性医師外来
  • 漢方外来
  • 不妊症
  • ワクチン
  • 妊婦検診
  • 避妊相談
  • その他

婦人科

【更年期障害】

最新のホルモン補充療法や漢方治療によるもっとも適切な治療法を選択いたします。

【月経異常】

月経異常の原因を基礎体温表やホルモン検査から診断し、患者様の要望に沿う治療をいたします。月経困難症(月経に伴う腹痛、腰痛)の治療は、鎮痛剤の処方、漢方治療を初め、低用量ピルの処方など患者さんに合った方法で治療いたします。また、月経の前(10~4日)に毎月訪れるからだの不調、いらいら、うつ状態等の症状を月経前症候群といいますが、治療が必要な場合もありますので、ご相談ください。

【婦人科感染症】

帯下の異常時、腹痛時、症状の無い方でも感染症の心配のある場合には受診してください。カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、細菌性窒炎、クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンディローマ、淋病、梅毒、HIV等の検査・治療を行います。

【子宮筋腫】

症状は過多月経や月経痛ですが、がんのような悪性腫瘍ではないので、ひどい貧血がない限り、手術をしないで管理しています。治療は漢方療法、偽閉経療法などの薬物療法を主体に行いますが、手術の必要な場合は総合病院など連携病院を紹介いたします。

【子宮内膜症】

最近、若い20代にも増えています。月経痛や腰痛等の苦痛を伴うので早めの受診が必要ですが、悪化すると高率に不妊症になるので、漫然と鎮痛剤だけに頼るのは禁物です。

【子宮脱】

子宮の位置が正常よりも下方に下がった状態で、子宮の一部または全部が膣の入り口より外に出た状態を子宮脱といいます。骨盤底の支持組織がゆるんで、子宮を支えられなくなる状態です。出産経験のある高齢女性に多く発生します。治療はリング挿入、漢方薬で対応します。手術が必要な場合は、総合病院を紹介いたします。

【骨粗鬆症】

骨粗鬆症は、長年の生活習慣や閉経期を境として急速に骨密度が低下して、骨がもろくなり骨折しやすくなる病気で、最初は、自覚症状はありませんが、腰や背中に痛みが生じて医師の診察を受けたり、時には骨折して初めて気づく場合も珍しくありません。ひどくなると簡単に骨折を起こし、寝たきりの原因となる場合もあります。最近では早期治療により、骨粗鬆症による骨折がかなり防げるようになりました。当院で骨密度は足を器械にのせるだけで簡単に測定できます。当院は長年、骨粗鬆症予防・治療に力をいれております。

ページのトップへ戻る


がん検診

【子宮がん】

子宮頸がん検診と子宮体がん検診に分けられます。一般的にがん検診というと子宮頸がん検診を指しますが、不正出血がある場合や閉経年齢に近い方は、両方を行っておいた方が安心です。

定期的な検診と子宮頸がんワクチンの併用で、頸がんは予防できる時代になりました。

【卵巣がん】

超音波検査と腫瘍マーカーの採血を行います。必要に応じてMRI等をお勧めします。卵巣がんの初期はほとんど自覚症状がありませんので、子宮がん検診と一緒に行うことも必要です。

【乳がん】

現在、わが国の成人女性20〜30人に1人が乳癌に罹患しています。40歳以上ではマンモグラフィー検診が推奨されていますが、しかし現状では、マンモグラフィー実施可能な施設が少ない、検査時に痛みを伴うなどのマイナス点もあります。また、30歳代はマンモグラフィーの検診対象にはなりません。当院では超音波による乳がん検診を行っています。当院の超音波はエラストグラフィと呼ばれるしこりの硬さを画像化する、最新機械を導入しています。また、精密検査をした方がよい所見が見つかった場合には、ご希望の乳がん専門医を紹介させていただきます。

ページのトップへ戻る


女性

風邪やインフルエンザにかかった時もお気軽に受診してください。女性に多く見られる、閉経後の高血圧、高脂血症、動脈硬化、骨粗鬆症、膀胱炎、腎盂炎、風邪、胃腸炎、下痢、便秘、花粉症についても、気軽に受診できるホームドクターとして診察にあたります。手術や入院が必要な場合などは連携病院を紹介してます。

女性医師外来

日本産科婦人科専門医の女医先生による診察が受けられます。女性だけに相談したいことは気軽に尋ねてください。
毎週木曜日に実施しています。

漢方外来

女性の健康のために、現代医学的な診断と東洋医学的診断を行ったうえで、漢方薬を処方します。漢方薬は病因・病態の明らかでない場合にも治療が可能であり、個人差を重視した治療ができます。作用は自然で副作用が少ないという利点があります。

月経痛、生理不順、肥満、更年期障害、不妊症、にきび、精神不安、冷え性、頻尿、慢性疲労等の多くの疾患に成果をあげています。漢方薬は健康保険適用で処方します。

ページのトップへ戻る

不妊症

避妊していない健康 なカップルが2年通常の夫婦生活をしても妊娠に至らない場合を不妊症と定義しています。漢方薬を併用しながら自然妊娠を目指します。体外受精を除く各種検査・治療、タイミング治療や人工授精(ご夫婦間)を実施します。

ワクチン

1)子宮頸がんワクチン
2)インフルエンザワクチン
3)肺炎球菌ワクチン(小児、成人)
4)Hibワクチン
5)各種定期予防接種

妊婦健診

妊娠初期より希望時まで公費を利用した妊婦健診を行っております。毎回の診察時超音波検査を実施しております。

避妊相談

ピル(アフターピル含)子宮内避妊器具を中心
低容量ピル処方、IUD(子宮内避妊器具)、緊急避妊ピルの処方(72時間以内)

その他

本来、妊娠は女性にとって幸せなことですが、さまざまな事情により、どうしても出産できない状況があると思います。そのような場合にはどうぞ遠慮なくご相談ください。

妊娠3ヵ月(11週)の終わりまでの方には、身体への負担ができるだけかから ない麻酔や手術方法を工夫した、人工妊娠中絶手術を提供しています。


ページのトップへ戻る